『多文化社会研究会ニューズレター169号』

第169回多文化共創フォーラム 7月24日(土)
(English follows Japanese below.)

「ローカルアクターの観点からみた統合・多文化共生:ロンドン・ニューアムと新宿の比較事例研究」

2021年度に入ってもコロナ禍の収束は見通せず、英国では変異種による感染が拡大し、日本ではパンデミック下でオリンピックが開催されようとしています。コロナ禍で世界・国内レベルの格差や分断が進むなか、最も苦境に立たされている層として移民、外国にルーツをもつ人々がいます。社会的に弱い立場の人々を包摂し多様性が生かされる共創社会に向けて前進するには、研鑽とエビデンスを積み上げていくことが不可欠です。

この度、多文化社会研究会の大山彩子理事が、英国のニューアムと日本の新宿の社会統合・多文化共生事例研究を博士論文にまとめられ、英国アングリアラスキン大学より博士号を取得されます。ご研究で得た知見を、下記の通り、多文化共創フォーラムでご報告くださいます。英国と日本をオンラインで結び、時空を超えて学び合うこの国際フォーラムにぜひご参加ください。

多文化社会研究会 企画班 秋山肇 関本保孝 明石留美子 

― 記 ―

日時:2021年7月24日(土) 午後4時30分―6時(日本時間)

方法:Zoomによるライブ・フォーラム

以下のURLより参加ご登録ください。

https://zoom.us/meeting/register/tJcqf-yorzsiE9E2mOueYbGm8pr_aMdJ8lCj

登録後、ミーティング参加に関するZoom情報の確認メールが届きます。

参加費:無料

プログラム:

・開会の挨拶

・報告 大山彩子 英国アングリアラスキン大学博士課程(在籍中)
本研究は、integration/多文化共生の概念と区の取組みを地域の実践者(区の職員や市民グループのメンバーなど)の観点から明らかにすることを目的としています。ロンドンと東京において最も多様な人口構成を抱えるニューアムと新宿を事例として取り上げ、インタビュー調査(ニューアム9人、新宿15人)を実施しました。当日は、比較事例研究の方法と分析結果、そして二事例の結果を比較した考察についてお話ししたいと思います。

・質疑応答

・閉会の挨拶

ご質問: 明治学院大学 明石留美子  rka@soc.meijigakuin.ac.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The 169th Multicultural Co-creation Forum, July 24 (Sat)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Analysing integration from the perspective of local actors: A comparative case study of Newham/London and Shinjuku/Tokyo”

Even in 2021, the corona epidemic is not yet stamped out. New COVID-19 cases infected with a variant are increasingly reported in the UK, and the Olympic Games are about to be held under this worrisome pandemic in Japan. As the world- as well as domestic-level disparities and divisions expand in this corona disaster, immigrants and people with foreign roots are standing out as the most affected people. In order to advance toward a co-creative society that embraces vulnerable people and makes the most of our diversity, we need more research and evidence.

We are delighted to announce that Ms. Ayako Oyama, Director of the Society for Multicultural Community Studies, has compiled a doctoral dissertation on social integration and multicultural case studies in Newham, England and Shinjuku, Japan, and will be awarded PhD by Anglia Ruskin University in the U.K. Ms. Oyama kindly presents the findings of her research at our Multicultural Co-creation Forum in the following manners. You are cordially invited to this international online forum that connects the UK and Japan online and learns across time and space. We are looking forward to your participation

Sincerely,

Hajime Akiyama, Yasutaka Sekimoto, and Rumiko Akashi
Planning Division, Society for Multicultural Community Studies

・・・・・・・・・
Date and time: July 24, Saturday, 16:30-18:00 (Japan time) Online

Registration: Please register at:
https://zoom.us/meeting/register/tJcqf-yorzsiE9E2mOueYbGm8pr_aMdJ8lCj
The Zoom link will be emailed upon registration.

Fee: Free

Program:
・Opening remarks
・Presentation
Ayako Oyama, PhD Candidate, Anglia Ruskin University, Director, Society for Multicultural Community Studies
This study aims to investigate the concept of integration and policy response towards local integration issues from the perspective of local actors, such as council staff and members of community-based organisations/groups. Newham and Shinjuku were selected because they have the most diverse populations in London and Tokyo. I conducted semi-structured interviews with 24 local actors (9 participants in Newham and 15 in Shinjuku). I would like to talk about the methods used in this research, the findings in Newham and Shinjuku, and the comparative discussion of two findings.
・ Q&A
・Closing remarks

Inquiries: Rumiko Akashi, Meiji Gakuin University, rka@soc.meijigakuin.ac.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中