『 多文 化 社 会 研 究 会 ニ ュ - ズ レ タ - 129号』

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

Society for Multicultural Community Studies /Global Awareness

2014年6月19日

『 多文 化 社 会 研 究 会 ニ ュ - ズ レ タ - 129号』

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

◆トピック:研究会のご案内(7月12日:「移民・人種と地域社会--アメリカと日本の現状から」大東文化大学経済研究所)

 

次回の研究会は当会のメンバーが三人登壇する予定の第34回経済シンポジウム(主催:大東文化大学経済研究所、後援:大東文化大学大学院経済学研究科/大東文化大学経済学会)に合流いたします。当会からの登壇者は、シンポジウム座長の川野幸男氏(大東文化大学経済学部准教授)、第2セッションで、「日系南米人集住地域における排外意識の変遷とその規定要因」と題して発表される濱田国佑氏(東京女学館大学国際教養学部講師)、同じく第2セッションで「外国人居住者割合と外国人への寛容性・排他性~新宿区における2時点間の分析~」と題して堀内康史氏(大東文化大学環境創造学部非常勤講師)です。第1セッションは英語で行われ(逐語訳付き)、第2セッションは日本語で行われる予定です。皆様お誘い合わせの上ご参加下さい。

 

第34回経済シンポジウム

「移民・人種と地域社会--アメリカと日本の現状から」
      日時 2014年7月12日(土)13:00~17:30
      場所 大東文化大学板橋キャンパス3号館30114教室
      主催 大東文化大学経済研究所
      後援 大東文化大学大学院経済学研究科/大東文化大学経済学会
        【座長】 川野 幸男氏(大東文化大学経済学部准教授)

第1セッション:アメリカにおける移民・人種と地域社会(逐次通訳)
 「アメリカにおける移民産業とメキシコ人低賃金労働者のリクルート」
  ルーベン・ヘルナンデス=レオン氏
  (UCLA社会学部准教授)
 「ロサンジェルスの低賃金産業における賃金搾取」
  ヤナ・シャダック=ヘルナンデス氏
  (UCLA労働センターディレクター)
 「黒人の身体政治に対する政府の実験:都市教育の新自由主義化における人種についての多様な声」
  トーマス・ペドローニ氏
  (ウェイン州立大学教育学部准教授)

第2セッション:日本における外国人定住者と地域社会
 「中国人労働者の文化適応の動向についての考察~アメリカの現状と日本の今後」
  諸岡秀樹氏(フェイエットビル州立大学社会学部助教授)
 「日系南米人集住地域における排外意識の変遷とその規定要因」
  濱田国佑氏(東京女学館大学国際教養学部講師)
 「外国人居住者割合と外国人への寛容性・排他性~新宿区における2時点間の分析~」
  堀内康史氏(大東文化大学環境創造学部非常勤講師)

シンポジウムのあとに簡単なレセプションもございます。お時間のある方はぜひご参加下さいませ。

 

シンポジウムのお知らせページはこちら

http://www.daito.ac.jp/gakubu/keizai/keizai/ier/sympo.html

 

以上

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中